昇級・昇段審査内容

  • 昇級・初段審査は、移動しながらの基本動作、組手、形の演武から構成します。
  • 正しい動作を行っているかはもちろん、適正な間合いが取れているか、技の意味を正しく理解しているか、気合(発声)の強弱等も審査します。
段位・級位 基本動作 組手
 9級

中段順突(前進)

中段逆突(前進)

上段揚受(前進)

中段外受(前進)

中段内受(前進)【参考、審査対象外】

中段手刀受(前進)【参考、審査対象外】

前蹴

回蹴【参考、審査対象外】

蹴上

蹴込み【参考、審査対象外】

 

五本組手

(上段突・中段突)

平安初段
8級

同上

同上 同上
7級

中段順突(前進)

中段逆突(前進)

上段揚受、逆突(後退)

中段外受、逆突(前進)

中段内受、逆突(後退)

中段手刀受(前進)

前蹴

回蹴

蹴上

蹴込

三本組手

(その1、その2)

平安二段
6級

同上

同上 平安三段
5級

三本突(順突)(前進)

三本突(逆突)(後退)

上段揚受、逆突(後退)

中段外受、猿ぴ裏拳(前進)

中段内受、刻突、逆突(後退)

中段手刀受、貫手(後退)

前連蹴(中段・上段)

回蹴

蹴上

蹴込

基本一本組手

(上段、中段、前蹴、

蹴込、回蹴)

平安四段
4級

同上

同上

平安五段
3級

中段順突(前進)

中段逆突(前進)

上段揚受(後退)

中段外受(前進)

中段内受(後退)

中段手刀受(後退)

前蹴

回蹴

蹴上

蹴込

後蹴

同上

鉄騎初段
2級

前蹴、順突(前進)

回蹴、逆突(前進)

逆突、前蹴、順突、下段払(前進)

前蹴、回蹴

刻蹴込、後蹴

同じ足で蹴上蹴込

自由一本組手

(上段、中段、前蹴、蹴込、

回蹴、後蹴)

抜塞大
1級

同上

同上

指定慈恩
初段

三本突(順突)(前進)

三本突(逆突)(後退)

上段揚受、下段払、逆突(後退)

中段外受、猿ぴ裏拳、逆突(前進)

中段内受、刻突、逆突(後退)

中段手刀受、前蹴、貫手(後退)

前蹴、回蹴、逆突

前蹴、横蹴込、逆突

足を換えて蹴上〜蹴込

ポイント決技・・・逆突

基本一本組手、

自由一本組手(同上+刻突、

逆突)

・指定形

・必修形

(*1)より1つ選択

指定慈恩、指定観空大 

弐段

刻突、前蹴、順突

揚受、回蹴、裏拳、順突

不動立、順突

一歩下がりながら不動立、三本突

前蹴、回蹴

回蹴、蹴込

前蹴、蹴込、後蹴

ポイント決技・・・刻突

基本一本組手、

自由一本組手(右) 

 

得意形(*2)1つ

参段

不動立、順突

下がりながら不動立、三本突

刻突、前足を横後へ縦手刀で捌きながら逆突

後足外側45度に捌きながら刻突、逆突、回蹴、裏拳逆突

前蹴、蹴込、後蹴、回蹴

自由組手、

基本一本、

自由一本

初段内容+

得意形(*2)2つ 

 

*1 必修形:平安初段〜五段、及び鉄騎初段

*2 得意形:指定燕飛、指定観空小、慈蔭、十手、珍手、二十四歩、鉄騎二段、五十四歩小、壮鎮、半月

 

体操
初段は、体操も試験内容に含まれます。