空手衣・持ち物

 

 

 

 

稽古は、原則空手衣で行います。

お持ちでない場合には、ご購入いただきます。

空手衣を含めて、稽古時の服装は、公認審査時と原則同じ服装で行います。

 

 

 

  • 空手衣の下にTシャツを着る場合には、白のTシャツを着用ください。タートルネック、色つき・柄つきのTシャツは禁止です。
  • ケガを避けるため、髪が長い場合には、束ねてください。束ねるゴムは黒・茶色・紺色など黒に近いものを使用してください。
  • 子どもの場合でも、同様ですので、保護者の方のご協力をお願いいたします。
  • 小さい子どもの場合、道衣のヒモをきつく結べないことがあるので、ズボンのウェスト部分にゴムを通してください。
  • 大学生・高校生の場合、高体連・学連の大会において袖幅、ズボン幅の規定が設けられております。(詳細は、守札堂のサイトをご参照ください。)
  • 帯の結び方については、下記のYou Tubeなどを参考に練習してください。

水分補給のために、水、お茶、スポーツドリンクなど飲み物をご持参ください。水分補給の目的は「体温上昇を抑える」、「発汗で失った水分を補う」などです。稽古では、適切に水分補給の指示をしています。もし適切に熱が逃がせない状態が続くと痙攣や失神、めまい、嘔吐、意識障害、過呼吸、ショック症状などの原因となってしまいます。特に、夏季などは、熱中症・低ナトリウム血症予防のため、水分のほかにミネラル(ナトリウム、カリウムなど)を補給できるスポーツドリンクをお勧めします。